« 2012NT選考レース 4日目 | トップページ | 生命がひらいた »

2012年2月19日 (日)

戦い敗れ

ちょうど7日前、2012年度ナショナルチーム選考レースが終了しました。

自分の結果は8位と、2008年度NT選考大会に出場した時よりも悪い成績で大会を終えました。

大会は微軽風のシリーズ、最後まで翻弄され、やってきたことを出せたのか出せなかったのか、煮え切らないレースを大一番でしてしまった自分が情けないです。

この1週間はとにかく、悔しさでいっぱいで、口を開けばチクショーと言っていました。

仕事を辞めてからの3年間、やっているときは、ホントに楽しくて、駆け抜けていました。というよりも、自分は辛かったことはすぐに忘れてしまう性格です。

今振り返り、客観的に見れば、なかなか、きつい生活だったかもしれません。

しかしながら、自分の活動を通して、元気をもらった、勇気をもらったという言葉を直接聞いて、なんとなく、救われた気がしました。
それだけに、この結果は、申し訳ないとしか言えない結果です。

もしもう一度チャレンジするなら、今度は、また、別のアプローチで向かいます。

僕は、でかい目標を目指すことが好きなんです。オリンピックでもなんでも、次の目標を設定して、また、あの何とも言えない疾走感のなかに身を投じてみたい。
それが今の思いです。

今回ふがいない結果になりましたが、応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。

成長させていただきました。

|

« 2012NT選考レース 4日目 | トップページ | 生命がひらいた »