« 勝負の年 | トップページ | 選考近づく »

2012年1月 7日 (土)

巡りあう言葉

おそらく、九州からの帰りに太陽の塔を見に行った時に万博公園のトイレに張ってあった言葉。

『私はその人柄の中に老人的なものを幾らか持っている青年を好ましく思う。
 同じように青年的なものを幾らか持っている老人を好ましく思う
 このような人柄の人間は体が年を取っても心が老いることは決してない。』キケロ

こういう人と一緒にいると楽しいです。

これもキケロの言葉らしいです。

「今日を楽しんだ人は、明日が待ち遠しくなる。」
「思ったことをしゃべっていてはいけない。よく考えてから、物をしゃべるべきだ。」
「第一に必要なのは大胆さ、第二に必要なのも大胆さ、第三に必要なのも大胆さだ。」
キケロは古代ローマ時代の政治家らしいです。

|

« 勝負の年 | トップページ | 選考近づく »