« 土門拳記念館 | トップページ | 修行の旅へ »

2011年8月31日 (水)

インターハイ、全て終了

本日、インターハイの打ち上げが行われ、インターハイが終了しました。

この会は、運営の皆さんの慰労会と震災により宮古市から急遽、実行委員会を本荘にうつし、ご本人自身も本荘市に住みこみ開催のかじ取りに奔走された、宮古商業高校の柿崎先生の送別会も兼ねてました。 
こうして、由利本荘市、北東北だけでなく、東北六県の運営チームで行ったインターハイは成功のもとに終わりました。

慣れない地で奔走された柿崎先生本当にお疲れ様でした。こういう年に高校生に晴れ舞台を作ってあげられたことはすばらしいことだったと思います。

インターハイは4日間、全7レースを終了しました。
初日は、10mオーバーのガスとと2mの波でキャンセル。
2日目は、前日からの大雨で大量に流れ込む流木や、強烈な風上からの潮と何度も来るシャワー、たまに来る強いブローの中、なんとか3レースを実施。
3日目、前日とは、反対にスタートラインは上げ潮で大量のBFDを出す緊迫した軽風での2レース。
最終日は、2時間近くの風待ちの後出艇し、リミットぎりぎりで最終レースをスタートさせこの時期としては、奇跡的に全レース行うことができました。

その中でも、突出していたのは、上位2校の実力でした。スピードも速いけど、タックがとにかく止まらない。基本動作の完成度は群を抜いていたように感じました。

インターハイは高校生の集大成の大会で、勝つことも大切だけど、それよりも、そこを目指した過程や、インターハイが近付くにつれ、高まる気持ちや不安や会場の雰囲気、他の地域の仲間とか、そういうことを大事にしてほしい。 
 結果が出た後、それまでの過程にもし、後悔があるならばそれとしっかり向き合って糧にしてほしい。満足しているのなら自信に繋げてほしいけど、ここで満足することにさほど意味はない気がする。それよりも、あのときああすれば良かったをここでしっかり味わって、二度とそういう思いをしたくない、一生懸命やったから後悔はしていないなんて絶対言わないで、結果を求めて努力して失敗と向き合えるような強さを特に男の子には持ってほしいと思います。 
だからというわけではないけど、男子高校生は自分で考えて練習して、気合でインターハイに行って失敗してほしい。
そして、再チャレンジをしてほしいです。

そんな高校生に送りたいこの言葉。
芸術家、岡本太郎氏は著書「自分の中で毒を持て」での一節です。
「自由に、明朗に、あたりを気にしないで、のびのびと発言し、行動する。そ れは確かに難しい。苦痛だが、苦痛であればあるほど、たくましく挑み、乗りこえ、自己を打ち出さなければならない。若い時こそそれが大切だ。この時代に決 意しなければ、一生、生命はひらかないだろう。」

激しく挑み続けても、世の中は変わらない、けど、自分は変わる。

自分もがんばろう。

|

« 土門拳記念館 | トップページ | 修行の旅へ »

コメント

昨日は、お疲れ様でした。
今日からイタリアに向かうのかな?
頑張ってください!応援しています。
sun

投稿: こいち | 2011年9月 1日 (木) 09時05分

今日から東京入りで、明日から3日間、葉山で大学のサポートで渡欧です。
昨日はお疲れ様でした。
応援ありがとうございます。

投稿: だいすけ | 2011年9月 1日 (木) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土門拳記念館 | トップページ | 修行の旅へ »